<< 「はらから」とは… | main | 生まれるもの、消えゆくもの… >>
西田幾多郎の「国体」観
JUGEMテーマ:政治思想
個性を有(も)つと云うには、過去未来を包む絶対現在の自己限定として、動いて動かざる、何処までも自己自身を維持し、自己自身を形成する形でなければならない。これが個性と云うものである。故に民族が単なる生物的民族を越えて、一つの世界として自覚するとき、即ち歴史的形成的なる時、それが個性的である。而して民族が斯く個性的となると云ふことは、それが歴史的形成的であり、歴史的使命を担うということでなければならない。国体とはかかる国家の個性である。国家は国体を有し、国体を有するものが国家であるのである。単に特殊的な民族的生命の上に国家の名を冠すべきではない。個性的に歴史的形成的なるもののみ、世界に対して、真の国家として独立権を要求し得るのである。
JR七尾線・宇野気駅からタクシーを西側に5分ほど走らせると、丘の上に西田幾多郎記念哲学館の建物が見えてきた。設計者は安藤忠雄だという。

河北郡宇ノ気村(現・かほく市)に生まれた西田幾多郎は、『善の研究』など多くの著作を残し、日本を代表する哲学者として世界的に名の知られた人物だ。当然ながら郷土の偉人であり、駅前には銅像が建てられている(写真左)。

1時間ほどかけて展示を見て回った。難解な西田哲学を咀嚼し、何とかして観客に伝えようという意欲が窺われる。色々と興味深い展示があったけれども、個人的には西田の肉声が印象的だった。

館内の喫茶室で遅めの昼食をとった後、図書室を覗いてみる。西田に関連する文献を中心に五千冊以上の蔵書があるという。ぼんやりと書棚を眺めていると、『西田幾多郎 日本論集』という本が目に付いた。冒頭に掲げたのは、そこに収録されていた「哲学論文集第四補遺」という著述の一節である。

「哲学論文集第四補遺」とは奇妙なタイトルであるが、もともとは「国体」というタイトルで昭和19(1944)年2月に書かれたものだ。当時は偏狭な国体論が横行しており、西田に対する風当たりも強かった。そのため、目立たぬタイトルに改めたと言われている。

ここで重要なのは、「動いて動かざる、何処までも自己自身を維持し、自己自身を形成する」という部分だ。闇雲に動けば良いものでもない。また、立ち止まり続けても駄目である。静と動との狭間で自己を形成する中に、「個性」があるのだと西田は言う。また、そのような「個性」は国家にもあり、それが「国体」であると西田は言う。国家もまた静と動の狭間で「国体」を形成していくのだ。

とするならば、ある一時期における「国体」のありようを絶対視し、一切の変化を許容しないという態度は知的頽廃以外の何物でもない。それは、結果的に「国体」を死物にしてしまうのだ。
| 雑感 | 20:41 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
神道には「中今」の時間概念があり、私なりに解釈するならば、善きも悪きも、然るべくして現在に至っているのであり、現存在としての人間はそれを拒否は出来ないと思っています。

とかく保守層は「昔はよかった」という論理展開に埋没しがちですが、だからこそ、伝統と前衛の交差点にいるような人間が世の中をリードすべきではないのか、そう思います。
| みたま | 2010/03/10 10:53 PM |
アキノリ氏の投稿に文字化けがあったので、管理者権限により元原稿を削除し、以下の通り修正します(ついでに字体も新字体に改めさせて頂きます)。

「動いて動かざる、何処までも自己自身を維持し、自己自身を形成する形でなければならない。」といふのは、他者と自己との相対的関係の中に初めて自己を認識する空間的または時間的な認識なのでせう。

おそらく西田氏が仰り度いのは、民族がそれ自体を一つの集合として意識することは、その一つの民族を他の数ある民族の内の一つと認識することを前提し、「個性」があるといふことなのでせう。
ここで、同時に歴史といふ時間軸の獲得があります。国家はその「歴史的使命」として、個性ある時間軸である歴史、即ち民族の内的論理の帰結に生まれるものといふのでせう。
国体は内的論理を表すものでなければならぬと言ふに違ひありません。

ですから以上のことを、僕は一つの民族自決哲学と受け止めてをります。
| 管理者 | 2010/03/11 3:13 PM |
>みたまさま

「善きも悪きも、然るべくして現在に至っているのであり、現存在としての人間はそれを拒否は出来ない」

ここで言う「現存在」とは、ハイデガーが提示したメタレベルでの「現存在」(Dasein)ではなく、「現実に関わる主体」と言った意味でしょうか。そうだとすれば、私も全く同意見です。

「伝統と前衛の交差点にいるような人間」

別の云い方をすれば、「不易」と「流行」とを体現できる人間と言うことになりましょうか。個人的には、そのような人間こそ真の「維新者」だと思います。
| 金子宗徳 | 2010/03/11 11:01 PM |
>アキノリさま

「民族がそれ自体を一つの集合として意識することは、その一つの民族を他の数ある民族の内の一つと認識することを前提し、『個性』があるといふことなのでせう。」

基本的には、そのような認識で宜しいかと存じます。その点で、国内の少数民族を主体として認識できぬ現在の中共政府は糾弾されて然るべきです。

ただ、同時に着目せねばならないのは、「単に特殊的な民族的生命の上に国家の名を冠すべきではない。個性的に歴史的形成的なるもののみ、世界に対して、真の国家として独立権を要求し得るのである。」という部分でしょう。

当時、西田の門下生たちは、「日本の世界史的使命」という表現を多用していました。では、そのような「歴史的使命」を自覚できていない民族に国家形成の権利はあるのか。先に引いた引用部分を見る限り、西田は否定的だと思われます。

とすれば、「民族自決哲学」であるとは言っても、単なる民族平等思想とは異なるのです。
| 金子宗徳 | 2010/03/12 12:05 AM |
先生のように高尚な表現で表すことはできませんが、とかくこの業界は個性を重んじる事を否定したがりますが、こういうところに通ずるのですね。なんだか安心してしまいました。
国も生き物ですよね。
| 山本 | 2010/03/12 2:01 AM |
>山本さま

まあ、「個性」という言葉が安易に使われすぎているきらいもあるのですが…。

「個性」とは、外面上の「差異」そのものというより、それを自覚的に捉え直したものです。そうでなければ、西田の言う「自己形成」などできないでしょう。

とするならば、自覚的に捉え直す能力を持たない小学生や中学生には「個性」などないのです。我が国の教育界は狂っているとしか思えません。
| 金子宗徳 | 2010/03/14 8:40 AM |
アキノリ氏の投稿(3/12 11:24 AM)に複数の誤植がありましたので、管理者権限により元原稿を削除し、以下の通り修正します。

「日本の世界史的使命」についてですが、それは私たち日本人が世界に世界たる自覚をあらしむるべきといふ風に帰結したと存じ上げます。
果たして西田氏は、「歴史的使命」を自覚できてゐない民族に、確かに国家形成を望まれなかつたと思ふのですが、一方ではその自覚を促す存在を日本に求めてゐらしたと存じます。

氏は「今日、各国家民族が緊密なる一つの世界的空間に入つた」と言ひ、そして「私の世界的世界形成と云ふのは、各国家各民族がそれぞれの歴史的地盤に於て何処までも世界史的使命を果すことによつて、即ちそれぞれの歴史的生命に生きることによつて、世界が具体的に一となるのである、即ち世界的世界となるのである」と綴られてゐるやうです。

それで多少の飛躍を恐れずに申し上げますと、先に写したものと、「これは人間の歴史的発展の終極の理念であり、而もこれが今日の世界大戦によって要求せられる世界新秩序の原理でなければならない。我国の八紘為宇の理念とは、此の如きもの」といふのととは重なつてゐるのだと受け止めてをります。

少なくとも私はさう考へますゆゑ、世界の民族に民族的自覚を与へることを志します。

以前したためたものですが、金子様にもご一読くださいましたら幸ひでございます。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1310132497&owner_id=7019179&org_id=1309298339
| 管理者 | 2010/03/14 8:46 AM |
>アキノリさま

mixiに投稿された日記を拝読しました。西田の議論を的確に要約されていると存じます。

「世界の民族に民族的自覚を与へること」については同感です。問題なのは、そこから先だと思います。それが実現するための理論的条件、さらには実現させるための政治的実践。これらの点について、今後とも議論を深めて参りましょう。
| 金子宗徳 | 2010/03/14 9:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/12
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH