<< 抑圧された諸民族と連帯して、中共の覇権主義を打破しよう! | main | アキバの猝妥広瓩鯔ねる >>
「食文化」というソフト・パワー
JUGEMテーマ:政治思想

クジラ、そしてマグロ…。「環境保護」という美名のもと、「あれを獲るな!これを食うな!」と欧米諸国が理不尽な要求を突き付けてくる。加えて、シーシェパードなる団体が日本の調査捕鯨船団に執拗な妨害活動を仕掛けてやまない。去る2月15日には、抗議船の船長が捕鯨船に侵入して身柄を拘束された。

「生態系の保護」などというが、その基準が極めて恣意的だ。菜食主義者を除いて、欧米人の多くは朝から牛肉やら豚肉を平気で食べているではないか。(そもそも、「ワシントン条約」などという名前からして、軍艦保有比率が対英米6割に制限された第一次世界大戦後の「ワシントン海軍軍縮条約」を連想させ、気に食わない。)

古式捕鯨発祥地としても知られている和歌山県東牟婁郡太地町では、イルカ漁も行われている。この様子を否定的に取り上げたのが本年のアカデミー賞(ドキュメンタリー部門)を受賞した『ザ・コーヴ』だ。とは云え、イルカ漁じたいはIWC(国際捕鯨委員会)においても認められている。

グローバル化が進展する中で、食文化をめぐる軋轢は今後とも繰り返されるであろう。シーシェパードなどに対して断固たる姿勢を示すことは言うまでもないが、我が国の食文化を学問的に捉え直すことも必要だ。

先日、小林路義先生(鈴鹿国際大学名誉教授)から、『食べることは人生充実の「自己実現」だ』(農林統計出版株式会社)という本を頂いた。愛媛大学農学部の細川隆雄教授がゼミ生たちと行っている捕鯨文化研究のレポートや、日本料理のグローバル化に関する小林先生の論考などが収められている。

小林先生によれば、日本料理の有する「ソフト・パワー」は極めて強力であるという。先日、アメリカの高級寿司店でクジラの握りが供されていたことが明らかになったが、本当に美味ければ欧米人といえども食べるのだ。

抗議船の船長にもクジラを食べさせ、「ソフト・パワー」を見せつけてやればよいと思うのは私だけであろうか…。

| 雑感 | 16:57 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
大賛成。
| 風 | 2010/03/20 5:42 PM |
>風さま

有難うございます。

フライにするなり分からぬようにして食べさせた後で、「さっき食べたのはクジラの肉なんだ」と真実を暴露したら、どういう反応を示すでしょうか。
| 金子宗徳 | 2010/03/20 8:17 PM |
クジラ肉を供していた寿司店が閉店に追い込まれたそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100320-00000008-cnn-int
| 金子宗徳 | 2010/03/21 8:34 AM |
『月刊日本』(平成22年4月号)に掲載された梅崎義人「食文化を破壊したアメリカの謀略」というインタビュー記事が興味深い。
反捕鯨運動の背景には、アングロ・サクソンの有色人種蔑視がある。支那人のみならず、アングロ・サクソンに対する警戒も怠ってはならない。
| 金子宗徳 | 2010/03/27 1:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://k-munerin.jugem.jp/trackback/16
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH