<< 「食文化」というソフト・パワー | main | 常磐紀行(1) >>
アキバの猝妥広瓩鯔ねる
JUGEMテーマ:鉄道

去る13日の19時過ぎ、H氏と秋葉原駅で待ち合わた。土曜日ということもあって、秋葉原の街は大勢の人で賑わっている。メイド服を着た女の子も目立つ。メイド喫茶も過当競争らしく、客引きも大変そうだ。

裏道に入って少し歩くと、目指す「Little TGV」の看板が見えた。「鉄道居酒屋」と銘打っており、以前から気になっていたのである。エレベーターで4階に上がり、店の中を覗く。店内は盛況だったが、幸いなことに席が空いており、左手奥にある鉄道模型レイアウトそばの席に招じ入れられた。壁際のロングシートにH氏が坐り、テーブルを挟んだ普通のイスに私が座る。

壁一面には行き先表示板やら機関車のプレートが掲げられ、入り口手前の大型モニターでは全面展望ビデオが放映されている。

しばらくして、ウェイトレスが注文を聞きに来た。ウェイトレスは全員、鉄道乗務員をイメージさせるコスチュームを着ている。要するに、メイド居酒屋の鉄道ヴァージョンというわけだ。路線図を模したフードメニューや、飲み物のホットを「上り」、アイスを「下り」と呼ぶところなど芸が細かい。

前日で廃止となった「北陸」・「能登」の名を付けたカクテルがあったので頼んでみる。それぞれ、車両の色をイメージしたものであった。個人的には、満鉄を代表する特急「あじあ」の食堂車で供されたという「アジアカクテル」を再現して欲しいところではあるが…。

料理の味もそこそこで、1時間半ほど飲み食いした後に撤収。

鉄道と飲食店という組み合わせは、子供が喜ぶせいか意外に多い。祐天寺の「ナイアガラ」のように、創業40年以上を数える店も存在する。最近は各地に出来つつあるようなので、機会を見つけて訪ねてみたい。
| 雑感 | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
素敵なお店ですね。
自分も昔は電車が好きでした。
切符を購入して、独りで阪急電車に乗ってしまいました。
千里山まで行きました。
独りで、まだ幼い自分は、怖くなってしまいました。

取りあえず、逆方向の電車に乗り換えました。
本当に戻れるのか不安でいっぱいでした。
泣きそうになりました。
何とか、自分の乗った駅にたどり着きました。

初めての列車の旅でした。
| 右田 典久 | 2010/03/22 10:19 PM |
>右田さま

コメント有難うございました。

鉄道に限らず、男子は乗り物が好きですね。一方、鉄道に興味を持つ女子は少なかったのですが、近ごろ増えてきて嬉しい限り…。
| 金子宗徳 | 2010/03/23 11:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/18
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH