<< 『国体文化』(平成22年4月号)が発行されました。 | main | 支那における「良民」と「不良民」 >>
まずは国体に対する正確な理解を…
JUGEMテーマ:皇室
三月六日と八日の二日間にわたり、日本文化チャンネル桜の「日本よ、今…『闘論!倒論!討論!2010』」(「真正保守」を自称しつつ、なぜ「2010」と西暦を使うのか?)において皇位継承問題が取り上げられた。

笠原英彦[慶應義塾大学教授]、小林よしのり[漫画家]、小堀桂一郎[東京大学名誉教授]、高森明勅[日本文化総合研究所代表]、新田均[皇學館大學教授]、百地章[日本大学教授]の各氏をパネリストに迎え、(司会の水島総氏を入れた)計七名が四時間三十分にわたり、濃密な議論を繰り広げた。専門的な部分も多く、どこまで視聴者が理解できたのか些か心配ではあるけれども、「姓」の概念、「法」の規範性、「神話」の捉え方、国民国家における「一般意志」の重要性など重要な観点が提示されており、皇位継承問題に関心を有する者ならば、一度は見ておく必要があろう。

ただ一つ残念だったのは、議論の中で一度も里見岸雄博士の名が登場しなかったことである。小林よしのり氏などは弊誌を読んでいるらしく、『SAPIO』(平成二十二年三月十日号)掲載の「天皇論追撃論」の六十五頁欄外に「初めてまともにわしの『天皇論』を評価してくれる論文を読んだ!『国体文化』という冊子で国体論の研究家・河本學嗣郎氏が書いてくれている。『女系容認』の1コマのために、保守派からも敬遠されていたのですごく嬉しい。この文章、『ゴー宣』の読者にも読んでもらいたいくらいだ。」と記している。

国体に関する正しい認識なくして、皇位継承問題を論ずることはできぬはずだ。里見博士は、「日本国体とは、時代社会と関連する政体並びに生活体系と区別せらるべきものであつて、日本国家の究極的基盤たる基本社会としての民族生命体並びにそれに随伴する精神現象の包括的概念である」、「日本国家の究極的基盤たる民族生命体系の体相たる君民一体、その作用たる統治翼賛、その性質たる忠孝一本、その規範実践たる皇道天業、その運命結果たる天壌無窮等の一切を包括総称して国体といふ」(『国体学総論』)と定義している。各論者には、この定義に立ち返って議論して頂きたいと思う。

※この文章は、『国体文化』(平成22年4月号)の「編集後記」として執筆したものです。
| 國の行く末 | 01:06 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
風邪はなおりましたか?
お大事に〜。

| hiro | 2010/04/07 3:41 PM |
>hiroさま

お気遣い有難うございます。
ある程度は治りましたけれども、咳が抜けませんね。
| 金子宗徳 | 2010/04/07 3:48 PM |
 はじめまして。

 金子さんが小林の事を不敬な気違いと批判していたと云う噂を聞いたのですが、本当でしょうか。

 もしよければ教えていただけないでしょうか。
| 錬金術師 | 2010/06/18 12:13 PM |
>錬金術師さま

はじめまして。
御返事が遅れて申し訳ありません。
小林氏に限らず、私は学問的見地から是々非々で評価しております。
そんな噂が流れていることじたいが初耳です。
どこで聞かれましたか?
| 金子宗徳 | 2010/07/05 3:15 PM |
 >どこで聞かれましたか?

 黒く輝く月というブログの「天皇論に関する噂話」という記事です。

 記事の日付は平成二十二年六月十日だったと思います。
| 錬金術師 | 2010/07/14 9:09 AM |
>錬金術師さま

有難うございます。
この記事ですか。
「天皇論に関する噂話」 
 http://kurokitsuki.blog7.fc2.com/blog-entry-696.html
もともとのソースは「2ちゃんねる」のようですね。

この問題に関する小生の見解は下記エントリーの通りです。
「皇太子殿下の御誕生日にあたり」
 http://blog.kanekomunenori.net/?day=20100223
結論は急ぐべきではないと考えます。

そもそも、国体の根幹に関わる皇位継承の問題が匿名掲示板で「噂話」として語られることじたい、個人的には違和感を覚えます。
| 金子宗徳 | 2010/07/16 11:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://k-munerin.jugem.jp/trackback/21
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH