<< 常磐紀行(2) | main | 『国体文化』(平成22年4月号)が発行されました。 >>
常磐紀行(3)
JUGEMテーマ:旅行
常磐紀行(2)から続く。

いわき市勿来文学歴史館からタクシーに乗り、本日の宿泊地である茨城県平潟港に向かう。

地形的に恵まれた平潟港は、東北諸藩の米を江戸に運ぶ東廻り航路の重要な中継点として栄えていたが、明治30(1897)年に現在の常磐線が開業すると寂れてしまう(詳しくは、このウェブサイトを参照されたい)。けれども、アンコウの水揚げ高は全国屈指とのことで、旅館や民宿では名物のアンコウ鍋を食べさせてくれる。

我々が泊まったのは、港に面した砥上屋旅館。もとは幕末に建てられた料亭だったとのことで、木造3階建ての風情ある建物だ。塩辛い温泉に一浴した後、4人で夕食。アンコウの肝や刺身など一品に加えてメインとなるアンコウ鍋。始めてアンコウ鍋を食べたが、クセになりさうな味である。また、あん肝も妙なクドさがなく、居酒屋で今日されるものとは全く違う。加えて、地酒も旨い。

残った一品と酒とを部屋に持ち帰り、チビリチビリと飲んでいるうちに眠くなったので床に入る。

翌朝は5時半過ぎに目が覚めたので、港周辺を散歩。朝日が太平洋に輝いており、すがすがしい気分になる。宿に戻って朝風呂、そして朝食。あら炊きをはじめ、種々のおかずが並んでおり、ついつい御飯のお代わりを重ねる。

9時少し前に宿の老主人に鳴砂で知られる長浜海岸まで送ってもらう。だが、ちょうど引き汐になり始めたばかりで砂が湿っており、殆ど音がしない。

今でこそ、犬を散歩させたり、釣り糸を垂れたりと穏やかな風景の広がる長浜海岸一帯であるが、大東亜戦争末期には陸軍が開発した風船爆弾の放球基地(大津基地)が置かれていたという。水素ガスを充填した直径10メートルほどの和紙製気球に爆弾(2キロ焼夷弾2個・殺戮用15キロ爆弾1個)を吊り下げ、ここから偏西風(ジェット気流)に乗せてアメリカまで飛ばした。海岸から少し南に「風船爆弾放流跡地・忘れじ平和の碑」が建てられている。

放球基地は、前日に訪ねた勿来のほか千葉県一宮町にも存在したという。合わせて3カ所の基地から約9000個が放たれ、約1割ほどはアメリカ大陸に到達したとされる。連合国側に与えた被害は6名の死者と小規模の山火事などに過ぎなかったが、弾頭の代わりに毒ガスを搭載すれば大量殺戮も可能となるためアメリカ側は非常に警戒したようだ。

櫻井誠子『風船爆弾秘話』(光人社)によれば、風船爆弾の製造は、全国各地の工場で勤労動員の女学生たちによって行われたという。コンニャク糊に含まれるホルマリンで手の甲に火傷を負ったり、ヒロポン(覚醒剤)を飲みながら健気に働いた。中には、米軍の空襲で命を失った者もいる。祖国の命運をかけた大戦争であるとはいえ、哀しく辛い話だ。

常磐紀行(4)に続く。
| 旅の思い出 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/24
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH