<< 公式ブログ始めました | main | 「趣味」における品格 >>
宗像大社(辺津宮)参拝、そして小倉で一献。[2月15日]
JUGEMテーマ:旅行
九州新幹線全通を翌年に控え、博多駅は様変わりしつつある。筑紫口側の商業施設・デイトスも改装され、2階には「博多めん街道」なる食堂街がオープンしていた。

その一角にある「博多新風」でスバリスト君と昼食。南区高宮にある本店にも行ったことがあるが、なかなか旨いラーメンを食わせてくれる。本日は、デイトス店限定という「和風豚骨」を選んだ。豚骨と魚介系の風味が存在感を保ちつつも良い感じに混ざり合っている。ついつい、替え玉を頼んでしまう。

博多駅13時40分発の快速に乗り、14時9分東郷駅着。北口のバス乗り場で宗像大社方面行きの時刻を確認するも、行ったばかりなのでタクシーに乗車。

約10分ほどで宗像大社(辺津宮)に着く。このような書き方をするのは、筑前大島にある中津宮、沖ノ島にある沖津宮を併せて宗像大社と称するからだ。宗像三女神とも呼ばれる田心姫神(たごりひめ)…沖津宮、湍津姫神(たぎつひめ)…中津宮、市杵島姫神(いちきしまひめ)…辺津宮を祀る同社は、全国に約7000あるといふ宗像神社の総本社でもある。記紀によれば、この三柱の女神は天照大神が弟神である素戔嗚尊の持っていた剣を噛み砕いたことによって生まれたという。この神々を祀っていた胸形(宗像)一族と皇室との関係が窺われる。なお、胸形一族は素戔嗚尊の末裔とされ、出雲とも縁故があったようだ。

まずは、神門をくぐり参拝。本殿・拝殿(写真奥)ともに安土桃山時代(16世紀後半)の建築で、国指定重要文化財である。引き続いて、沖津宮と中津宮の御分霊を祀る第二宮(ていにぐう)・第三宮(ていさんぐう)、女神が降臨されたと伝えられる高宮祭場を巡拝。高台に位置する露天の祭場は、神籬(ひもろぎ)・磐境(いわさか)の姿を今に残し、北方には玄界灘が広がっている。

祈願殿で御朱印などを受けた後、神宝館を見学。受付の老人にスバリスト君と私との関係を「親子」と勘違いされる。叔父と甥ならともかく、そんなに私が老けて見えたのだろうか…。1階には地図があり、辺津宮と中津宮の鎮座する筑前大島、沖津宮の鎮座する沖ノ島を結んだ延長線上に朝鮮半島が位置することが図示され、宗像大社と朝鮮半島との関わりの深さを実感する。2階に上ると、沖津宮の鎮座する沖ノ島から出土した品々が展示されている。沖ノ島では、4世紀後半から大和朝廷によって祭祀が行われてきた。4世紀後半と言えば、公開土王(好太王)碑文にもある通り、大和朝廷の勢力が朝鮮半島に及んでいた時期である。日本列島と朝鮮半島との中継点として、沖ノ島の意味は非常に大きかったはずだ。皇室と宗像氏との結びつきも強まったようで、7世紀には宗像徳善の娘・尼子姫が天武天皇の后となり、高市皇子を産んでいる。663年に起こった白村江の戦いでも宗像氏は大きな役割を果たしたことだろう。3階には中世に記された文書と共に、沖ノ島の近くで行われた日本海海戦に関する展示もなされている。沖ノ島では同海戦があった5月27日に大祭が行われ、普段は立ち入ることの出来ない島にも上陸が許されるとのこと。機会をつくって、是非とも一度は沖津宮に参拝したい。

帰りは1時間に1本しかないバスを捕まえて東郷駅に戻り、そこから小倉駅に向かう。小倉駅17時12分着。改札口まで和服の上にコートを召された新風福岡の菊池幹事長が迎えに来て下さる。駅前のデパート最上階にある「鮮魚旬菜 益正」で一献。北九州工業地帯が一望できる。20時過ぎの新幹線を予約しておいたが、政治情勢からプライベートまで話が盛り上がり、21時29分発の新大阪行最終「のぞみ」に予約変更。こういうときにエクスプレス予約は便利だ。

菊池氏とスバリスト君に見送られて小倉駅の改札をくぐる。「のぞみ」の車中では熟睡し、気がついたら新大阪駅到着の直前だった。新大阪で在来線に乗り換えて京都に着いたのは0時過ぎ。駅前からタクシーに乗り、洛北の自宅に帰り着いたのは0時半過ぎだった。

2泊3日の慌ただしい旅だったが、濃密な一時を過ごすことが出来た。福岡の諸氏には感謝したい。
| 旅の思い出 | 16:04 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
先日はお疲れ様でした。まずは、ホームページ開設おめでとうございます。
小倉の桜も綺麗ですので、また春にでもぜひいらしてください。

金子先生は案外ラーメンお好きですよね。
また今度いいお店、探しておきます。

ラーメン屋ではなく神社の話ですが、京都もいろいろしっかりと回りたいので余裕があるときにでもぜひ行かせて頂きます。
| スバリスト | 2010/02/22 12:10 AM |
先日は有難う。小倉行きですが、前向きに検討中。

ラーメンだけでなく、麺類全般が好きだなあ。お店探し、宜しく。

京都や奈良には、色々な神社があるからね。また遊びにおいで。

| 金子宗徳 | 2010/02/22 12:59 PM |
教授 ご苦労様でした。
女神が祭られておられるのですね。
今回のブログには、行動的な教授のお姿をまた拝見致しました。
食された蕎麦、自分も味見したくなりましたよ!

今は厳禁ですが・・・・・

とにかくは、旅を満喫され、ハードなスケジュールにも関わらず、無事、洛北の自宅までお帰りになられたことに安堵しております。

一献また、お願い申します。
| 右田 典久 | 2010/03/14 8:28 PM |
右田さま

コメント有難うございます。
落ち着いたら一献致しましょう。
| 金子宗徳 | 2010/03/20 8:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://k-munerin.jugem.jp/trackback/3
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH