<< 【御案内】第19回桃山御陵参拝団(11/3)[京都] | main | 『国体文化』(平成22年10月号)が刊行されました >>
《創新》という奇妙な言葉

《日本創新党》という政党がある。去る7月の参院選に合わせて、元杉並区長の山田宏氏らが結成した政党だ。比例区で50万票弱を獲得したが、当選者を出すことはできなかった。

政策面はさておき、どうも「創新」という党名に違和感がある。同党の関係者は「大化改新」・「明治維新」に続く「平成創新」などと謳っていたが、詔勅や太政官布告でも使われた「改新」や「維新」に対し、「創新」は新造語に過ぎぬ。

そもそも、「創」といふ字は「刀」を表す「りっとう」と「ソウ」という音を表す「倉」とを組み合わせた形声文字で、「刃物で切れ目をつける」、つまり「傷をつける」という意味の文字だ。「銃創」などの用例を見たことがあるだろう。現代支那語においても、「創」という語は「傷」という意味で用いられている。

この「切れ目をつける」という意味から転じて「つくる」という意味になったが、もともと「新しく作る」といふニュアンスの強い文字であり、歴史的連続性とは無縁だ。

このような新語を平然と使ってしまうところに、漢学に対する素養のなさ、ひいては日本語に関する意識の低さを感じざるを得ない。彼らは「真正保守」を標榜するが、言語を守らずして何を保守するのだろうか。


JUGEMテーマ:政治思想
| 雑感 | 22:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
そういえば某左翼雑誌のタイトルはズバリ。小沢や小泉に対する積極的な評価の「創造的破壊者」。明治憲法の改正手続きをとらない(=歴史的不連続性)民主党の憲法改正は「創憲」。宗教を語った詐欺団体にも…。「創」の字を見たらまず疑わないといけませんな。
| オガ | 2010/09/07 10:04 AM |
>オガさま

「創」という語の意味もさることながら、安易に新語を用いる点が最大の問題ですな。言葉に対する感覚が軽くなってきていますね。
| 金子宗徳 | 2010/09/09 10:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/42
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH