<< 「趣味」における品格 | main | 弁慶における虚実の間 >>
皇太子殿下の御誕生日にあたり
JUGEMテーマ:皇室
本日2月23日は、皇太子殿下の御誕生日である。まずは、慶祝の意を表したい。

御会見録を拝読したが、日本のこと、世界のこと、そして御家族のことに心を砕かれている殿下の御心を改めて有難く感じた次第である。

質問の中には「今後,皇族方の数が少なくなるなどの現状も踏まえ,将来の皇室の在り方について殿下のお考えをお聞かせください。」というものがあった。いわゆる皇位継承の問題に関する質問だ。当然のことながら殿下は御回答にならなかったが、御答え頂けないのを承知で質問するマスコミの姿勢は卑しい限りである。

この問題は、いわゆる民族派・保守派の陣営においても大きな問題となっている。男系を何としてでも守り抜くのか、女系を容認することも吝かではないのか。識者たちは、それぞれの立場から様々な主張を展開している。双方とも学者として一流の方々であるし、個人的に親しくさせて頂いている方も多いので、若輩者としては辛いところだ。

究極的には陛下の御聖断を仰ぐべきことであるが、現在の継承順位は原則として尊重されるべきであり、なおかつ(将来に禍根を残すような)国民の常識から乖離した解決策を採るべきではない。また、この問題は天皇陛下を頂く「国体」の根幹に関わる問題である以上、学術研究に基づく冷静な議論が求められ、異論を政治的に封殺することだけは避けなければならぬ。

小生も国体学徒の端くれとして、しかるべき展望が描けるよう努力したい。
| 國の行く末 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/5
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH